スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今 敏監督のこと

最初に断っておきますが、今回は珍しくシリアスな事を書きます

・・・本当はあんまりしんみりした話を書くのはこのブログにそぐわないから書かなくてもいいかな?とか思ったんですが、やっぱり書かないわけに行かないと感じてコメントさせてもらいます


ニュースにもなっているので知っている方も多いかと思いますが・・
去る8月24日、アニメ監督の今  敏さんが46歳の若さで亡くなりました。末期の膵臓癌だったそうです

今監督は1997年に劇場アニメ「PERFECT  BLUE」でデビューし、斬新な演出やキャラクターの巧みな心理描写により世界中で評価され、続く2作目「千年女優」や3作目の「東京ゴッドファーザーズ」でも立て続けにヒットを飛ばし、さらに2004年には初のTVアニメ「妄想代理人」を手掛け、2006年に公開された筒井康隆さん原作の「パプリカ」でもさらなる注目を集めていた監督さんでした

かくいう僕も1作目のPERFECT  BLUEに魅せられてそれ以降の作品も全てチェックし、DVDをコンプリートするほどにハマってしまったわけですが・・・その今監督がまさかこんなに早く逝ってしまうとは夢にも思わなかったので訃報を聞いた時はさすがに動揺を隠せませんでした

このブログでも過去に東京ゴッドファーザーズ妄想代理人の感想を書いていたりと僕にとってもアニメ業界になくてはならないと思える大切な監督さんでした・・・

正直アニメ監督で一番好きな人は?と聞かれたらまず真っ先に今監督を上げるくらいにこの方の作品に入れ込んでいたのではないでしょうか

そんな今監督なんですが・・・この方は生前にご自分のブログをやっておりまして、忙しい合間にも頻繁に更新されるほどに文章を書く事が好きだったようで僕も一時期夢中になって読んでいた記憶があります(笑)

で、そのブログになんと今監督が最後の日記を書かれていたことが死後発表されたんですね!

それがこちらの日記です・・・

内容は自分自身が癌に冒されていて先がもう長くなったことの告白から始まり、死の直前に身の回りであったことやご両親をはじめ、大切な人達との最後の会話のシーン、そして僕たちファンを含めた多くの人に向けたまさに遺書と呼べるメッセージがつづられております

僕は放心状態でこの日記を読んだんですが・・・読んでいくうちになぜか微笑ましくなって最後には堪えきれずに涙があふれていました・・・

今さんのいつものブログのようなフランクでちょっと皮肉っぽい口調で淡々と、それでいてとてもわかりやすく思いがストレートに伝わってくるような文章に思わず「最後まで変わらないなぁ・・・」と思ってしまいました

自分が癌でもう何日生きられるのかわからないという状況でこれだけしっかりと現実を受け入れて悔いのないように身の回りを整理し、そして家族や大切な人達へ最後の挨拶をする・・・果たして死の直前でここまでできる人がいるでしょうか?

普段から仕事も生活もきっちりとこなす今さんでしたが、やっぱり最後の最後までしっかりとやることをやってくれました

・・・もちろん若くしてなくなられてしまったことは残念でなりません
きっともっと多くの作品を残すべき才能に恵まれた監督さんだったと思います!

でもこの日記を読むときっと今さんはとても充実した人生を送れたんじゃないか、そう思えるんです
アニメ監督として活動してきた時間は確かに短いかも知れませんが今さんにとっては普通の人の何十倍もの密度のある経験をし、世界に誇れるほどに完成度の高い作品をいくつも残されました

きっと死の直前まで「俺はやるだけのことは全部やった!あとはもう何もない!」そう思っていたのではないかと思います

今さんの作品の多くの音楽を手がけてもはや親友とも言えるほどに交友のあった平沢進さんが棺桶の中の今さんを見て「あんなに安らかな死に顔は見たことない」とおっしゃられていたように、きっと満足して笑顔のまま逝かれたことでしょう・・・

そんなわけで訃報を聞いた時は立ち直れないほどのショックを受けていたんですが・・・今さんの遺言を聞いて一気に心が晴れやかになりました!

・・・本当にファンの事を大切に思っていたんだなとつくづく感じましたね

自分も死ぬときはこれくらいカッコよく死にたいものですが・・・多分そううまくはいかないでしょうね(笑)
最後の最後までケジメをつけて逝かれた今さんに改めて「お疲れ様でした」と言いたいと思います!!



最後に照れくさいですが僕からメッセージなんかを・・・

今監督、あなたの作品は全てが最高のものばかりでした!
本当はもっと多くの作品を見たいと思うんですが、さすがにそれはわがままですよね

でもきっとあなたが残してくれた作品はこれからずっと未来永劫語り継がれていくことでしょう!
安心して旅立っていってください!

そして最後まで懸念されていた製作中の作品「夢みる機械」に関しても心配いりません!
最後に約束されたとおり、丸山社長とマッドハウスの優秀なスタッフたちが最高のモノに仕上げてくれる事でしょう!!

だから心配しないで見守ってあげてくださいね!

まだ僕はそっちに行くのには時間がかかると思いますが、また必ずお会いしましょう!
そしてその時はぜひ新しい作品を見せてくださいね♪

・・・それからすでにそっちに行かれている新山志保さんにもよろしくお伝え下さいね(笑)


と、だらだらと語っていても仕方ないのでとりあえずこの辺で締めさせてもらいますね
言いたいことを言ったら胸のモヤモヤが晴れたかんじがしました(笑)


今監督、素晴らしい作品を本当にありがとう!!どうぞ安らかに・・・

そしてこのブログを読んで少しでも今監督の作品に興味を持っていただける方がいる事を祈ります

poster.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コミックダッシュ! vendemiaire の所有コミック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。