スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渋谷で癒されまくり♪NHKアニメ館2008イベントレポ☆

え~まあそんな感じで昨日のリリアン祭のレポートも書きたいところではありますが・・・

 

その前に色々と書かなければいけないイベントレポがあるので今日はその辺をまず片付けていきたいと思います(笑)

 

とりあえずは先月渋谷で行われたアリソンとリリアのイベントからいってみましょう☆

 

それでは時間を1ヶ月前まで戻してみたいと思います・・・・

 

2008年8月13日 晴れ
PM5時頃

 

以前別イベントが開催された渋谷のC.C.Lemonホール・・・のすぐ隣にあるNHKのみんなの広場ふれあいホールへ到着☆

 

駅付近の賑やかな街並みからガラッと変わって涼しげな並木道が代々木公園まで続く閑静な場所にありました♪

 

という事でここで開催されるNHKアニメ館2008のためにやってきたんですが・・・実はこのイベント、ハガキで申し込んで当選した人でないと参加することはできないんですね

んで、まぁ僕も例に漏れずに応募したものの見事に落選しました(爆)

 

ちゅーわけで本当だったら参加する資格はなかったはずだったんですが、救いの神がどうやらあったようで(笑)

 

実はこのイベントの当選ハガキ、1枚で2名様まで参加が可能となっていて当選した知人のモノで一緒に参加させてもらえることになったのです☆

 

そんなわけでここで合流した後、ホール内へと入っていきます♪

相変わらずの猛暑の続く中はるばるやってきたので涼しいホール内に入った時は軽く感動しました(爆)

 

中ではすでに座席を決める抽選をする列ができていたため、その最後尾へと並びます♪
ということでここでしばらく待つのでした・・・

 

PM5:30

 

スタッフさんの合図で抽選会がスタートしました!!
座席番号を抽選
したあとでそれとは別の抽選番号が書かれたカードとチラシの入った袋を受け取ります♪

 

抽選の結果僕たちが手にした番号は!!!

・・・最後尾付近OTL

 

まぁ今回に関してはこのイベントに参加できただけもこの上ないほどありがたい事なのでわがままは言いません(笑)

 

そんなわけでイベントが始まる時間までだらだら過ごすことに・・・

 

PM6:00頃

 

抽選番号順に再びホールへ入場!そして地下のホール前のフロアで番号順に列を作っていくわけなんですが・・・僕らは最後なので他の人が入っていくところをのんびり眺めてました(爆)

 

PM6:30

 

さてそんなこんなで開場時間となってお客さんが会場へ入場していきますが・・・僕らは最後なのでじっくりとそれを眺めていました(爆)

 

座席は後ろとはいえ会場がそれほど広くないという事もあって思ったよりもステージがよく見えました♪

 

そして相変わらず涼しい室内で開演時間をまったりと待つのでありました☆

 

PM7時

 

ということでいよいよ開演です!!

まずは前説のお姉さんが登場して一通り説明をした後は今回の司会となるアナウンサーの藤田みささんが登場!!

 

そして藤田さんの紹介でゲストの方々の登場です☆

 

アリソンの少女時代&リリア役の水樹奈々さんフィオナ役のまみまみ♪
そして原作者の時雨沢恵一さん監督の西田正義さんが登場します!!!

 

今回のまみまみブルーのドレスっぽいワンピでNHKという事を意識したのか、大人しくもゴージャスな感じを漂わせていました(笑)

 

ちなみに時雨沢さんはRONDE ROBEの時のビデオメッセージの時にあった髭をそり落とされていてなんかさっぱりした印象になっていました♪

 

そんなわけでさっそくこの4人でトークが行なわれるわけですが・・・まずは作品についてのコメントから☆

 

この作品はもともと前作「キノの旅」でデビューした時雨沢さんが次回作として何を書こうかと考えていた時に少年少女の冒険モノというコンセプトはそのままでキノでは連作短編という形をとっていたので今回は長編モノにしようということで親子2代に渡る壮大なお話が作られたんだそうです♪

 

まみまみ奈々さんもこの作品は本当に面白くて原作は一気に読んでしまうほどにのめり込んだと話していました♪

 

特にあの中世ヨーロッパ辺りをモデルとした世界観と魅力的なキャラたちの生き生きとした姿に感情移入したとひたすら褒めまくって時雨沢さんデレデレ(?)

 

一方の時雨沢さんも自分が書いた作品が実際にアニメになって動いているのを見るとなんとも言えない感動があると嬉しさを語られていました☆

 

・・・そしてここからは時雨沢さん&西田監督による作中に登場する乗り物や武器などといったメカについて資料VTRを見ながら熱く語られていました☆

 

やはりメカ関係に関しては時雨沢さんのこだわりがかなりあったようで、西田監督に100ページを超える膨大な量の資料が送られてきたそうです(汗)
そのおかげで監督もかなりそっち方面に詳しくなった
んだとか(笑)

 

特に飛行機に関してはほとんどが実在のモノをモデルに描かれているらしく、その辺りも非常に作品内に現れていましたね☆

 

ま~とにかくここでは時雨沢さん&監督の独断場といった感じで完全にまみまみ奈々さんおいてけぼり状態でした(爆)

・・・カメラの話をする時にちょろっとだけ口挟みましたが(笑)

 

その後はこの作品の隠れた売りでもあるその美しい背景についても話していました♪
なんでも時雨沢さんは世界観についてはほとんど指示をしていないらしく「ヨーロッパ調」という言葉をたよりに西田監督があの壮大で美しい世界観を構築したんだとか

 

これにはさすがに時雨沢さんもぶったまげたみたいですね☆
・・・いやホントにすごいですよこの方(笑)

 

それから序盤のストーリー展開についてはアリソン編とリリア編で意図的に同じような形になるようにしたと時雨沢さんがネタばらし(?)をされていました♪

 

・・・確かに言われてみれば飛行機が敵襲によって墜落し、さらに命からがら民家に辿り着いて助けられるというプロットはまったく同じでした☆

 

コレに関してはあまり読者からも突っ込まれなかったということで気付かなかった人が多かったのでは?と話していましたが・・・おそらくここにいたほとんどの人がここで初めて気付いたのではないかと思いますね

 

と、いう事でここからは時雨沢さん&西田監督には一旦退場してもらってまみまみ奈々さんのお二人に焦点を絞ってトークを続けていきますよ♪

 

そんなわけでまずは奈々さんにご自分が演じられたアリソンについてのコメントをいただきます☆

 

アリソンに関してはこの間のRONDE ROBEでも話していましたが、本当にさっぱりしたキャラで奈々さんもとてもお気に入りだと話していました♪

 

特にあの自分が思うままに行動するところ演じていてストレス発散になるとの事でした(笑)
その一直線なところが自分にちょっと似ているらしいです♪

 

一方のまみまみもアリソンに関してはとにかくエネルギッシュなところが見ているこっちにも伝わってくる女性から見ても魅力的な子だとべた褒めしてました☆

 

それを聞いて感動した奈々さんは思わず「麻美子~ありがとー!!」と嬉しそうに答えるのでした(爆)

 

そんなわけでここでさっそくお二人のラブラブトークが拝めました(笑)

お二人はプライベートでもとっても仲良し久々にレギュラーが一緒になって嬉しい!!と言ってましたが・・・もしかしてこのお二人がまともにイベントで一緒になったのって3年前のいちご100%のバレンタインイベント以来だったりして?(爆)

 

あの時はそれほど親しい感じはしなかった(むしろあの時はめぐさんとラブラブだった)んですが・・・最近一気に関係が進展したんでしょうかね?(笑)

 

やはり地獄少女ウィッチなんかで競演する機会が増えたのがきっかけでしょうかね?
・・・どこぞで聞いた話によると奈々さんのライブにまみまみがプライベートでお客さんとして参加した事もあったとか?

 

まぁそんな事より、続いては奈々さんが演じるもう一人の主人公であり、アリソンの娘であるリリアについて☆


リリアに関してはアリソンの娘なだけあって母親の積極的な部分を受け継いではいるけどむしろ鈍感なヴィルの血の方を濃く受け継いでいるんではないかと言っていました(笑)

 

確かに必死に想いを伝えようとするトレイズの気持ちにこれっぽっちも気付かないというところはまさにヴィルですよね(爆)

 

アリソンを演じていただけにその辺の気持ちがよくわかるから自分で演じていて非常にもどかしいんだとか


「あ~もう違うでしょリリア!」って何度も言いたくなったみたいですよ(笑)

そんなわけで好きな人に対して積極的なアリソンとまったく逆なリリアを演じた奈々さんだったんですが・・・

 

ここで藤田さんが「水樹さん自身は好きな人に対して自分から積極的にアピールする方ですか?それとも逆に責められたいですか?」

と、NHKのイベントらしからぬ質問をしはじめて会場騒然(爆)

 

それに対して奈々さんはちょっと困惑しがちに「どっちという事であれば責めらたいですかね?」と言っていました(笑)

 

そしてその後「麻美子~助けて~」まみまみに助けを求めるシーンがまたよかったです(爆)

 

・・・そうかこのカップリングだとまみまみ×奈々さんになるのかぁ~←死ね

 

そんなわけで思わぬハプニングもあったりしつつ、お話はまみまみが演じるフィオナについて☆

まみまみ曰く、フィオナは当初は大人しいおっとりとした娘だと思っていたのが実は過酷な過去を背負っており、自らの使命を全うするとても静かで強い心を持っているキャラであると演じているうちに気付いたんだそうです♪

 

僕も当初はまみまみの演じる王道系だと思っていたのが女王となるお話の辺りで見せたしっかりとした姿に驚いたものです☆

 

そういったちょっと頑固なところはまみまみ自身にも当てはまるんだそうです♪
・・・うむ、そうかもしれない(笑)

 

で、奈々さんから見たフィオナやっぱりひたすら癒されるという事らしいです☆
とにかくその存在そのものが癒しまるで麻美子そのものを見ているみたい!

・・・と、ここでもラブコールを送る奈々さんだったのでした(爆)

 

奈々さん曰く、フィオナは激しいアクションのある話でも登場するだけで癒される一服の清涼剤みたいなんだそうです♪

 

ここで今回のイベントには残念ながら来られなかった出演者の方からのビデオメッセージが上映されました♪

 

まずはトレイズを演じる吉野裕行さん☆

 

「会場盛り上がってますか~?」
「水樹さん、ちゃんとリアクションしてくださいよ~?」

 

と、のっけからテンション上がりっぱなしの吉野さんだったんですが、それよりもみなさん吉野さんがかけている妙なサングラスに視線集中(爆)

なんか一昔前のグループサウンズを髣髴とさせるような個性的なモノでした(笑)

・・・という事で具体的なトーク内容はあんまり覚えてません(汗)

 

そして続いてはヴェネディクト役の山寺宏一さんのメッセージビデオです♪

もちろん最初のあいさつは「お~は~☆」と言って始まりました!

 

・・・しかし何故か山寺さんの頭には先ほど吉野さんがかけていたサングラスが(汗)

しかしそれには一切触れずにコメントを続ける山寺さん・・・

 

途中でそれに気付いたのか奈々さんが苦笑しながらまみまみ「あれメガネ二つつけてるよね?」と話しかけていたのがまたウケました(笑)

 

ここで山寺さんはまみまみの事についても軽く触れていたんですが・・・やはりフィオナとのラブラブなシーンを演じる事ができるのは役得だなぁ~とつくづく思いました(爆)

 

普段はまみまみとこういった関係になるキャラを演じる男性声優さんには例外なくジェラシっていた僕だったんですが・・・まぁ相手が山寺さんならそれも仕方なしといった感じですね(笑)

・・・某作品で共演した岡本くんとは扱いがえらい違いですねそうですねOTL

 

そしてコメントの最後に山寺さんはご自分の頭に手を伸ばして例のモノを掴むと
「吉野くぅ~ん!!メガネメガネ!!」と言いながら画面の外へ消えていってしまいました(汗)

 

多分これ、撮影前に二人で仕込んだんだろうなぁ~とか思うと2倍笑えました(爆)

そんなわけで微妙すぎるコメント映像の後はお二人が感想を言っていたんですが・・・

 

奈々さんから「吉野さんが出てきた時はシグマセブンは大丈夫なのかと心配になりました」
と、辛口なコメントを頂いて会場大爆笑♪

・・・吉野さんかわいそう(汗)

 

そしてまみまみは山寺さんの事を話していたんですが・・・
山寺さんとはこの作品で初めてご一緒することになったという事で当初は大先輩との共演という事で非常に緊張していたみたいですが、あの人柄のよさと絶妙な演技でうまく芝居にのっけてもらいましたと嬉しそうに話していました♪

 

やはりあの人は本当にすごい役者さんなんだなぁ~と改めて感心しましたね☆
どうやら収録現場でも山寺さんがムードメーカーとなって毎回楽しく収録をされているみたいです!

 

まみまみ「山寺さんを中心にすごくいい空気ができているんですよ♪」


という事で一通りトークコーナーは終了し、この後はなんとお二人による生ドラマのコーナーへ!!!

 

今回のイベントのために時雨沢さんが書き下ろしたという脚本お二人にこの場でそれを演じてもらうという素晴らしい企画です♪

 

そんなわけでさっそくドラマがスタートするわけですが・・・
お話の舞台はアニメでは9話から始まった長距離列車の旅の中でアリソンとフィオナが二人で恋の相談(?)をするという「あの時実は・・・」的な設定のお話でした♪

 

自分の想いがなかなか伝わらなくてやきもきしているアリソンがフィオナのアドバイスによって照れながらヴィルへの告白を練習する様子がなんとも微笑ましいエピソードでしたね☆

 

で、最後にうまくオチがついたところでドラマは終了したんですが・・・ここで再び時雨沢さんが登場します☆

 

なんでも今回の脚本は何よりもお二人に実際に演じてもらうのを聞いて自分自身が楽しめるために書いたんだとか(笑)

 

・・・原作者特権ですなぁ~(爆)

 

また、結局作中ではアリソンはヴィルに対して一度も「好き」と言う事ができなかったということでここで言ってもらったそうです

 

さらに会場に来ている奈々さんファンの皆さんも奈々さんから「好き」と言われて嬉しかったんではないかときっちりファンのことも考えてくれていたみたいです(爆)

・・・ならぜひフィオナにもですねぇ(略

 

さてさて、いよいよイベントも後半に差し掛かってここからはこのイベントの翌日に放送される第19話「冬のイクストーヴァ」がまるまる1話先行上映されました☆

 

前回の18話まででチャリティー飛行艇のお話が終了したため、作中では時間が一気に進んで冬のイクストーヴァの王宮を舞台にまた新たな事件がリリアたちに襲いかかってくるお話でした!

 

とりあえず期待していたフィオナとヴェネディクトのラブラブシーンがあったので個人的には満足でした(爆)

 

そして今回から登場した新キャラ・ラウリー田中りえりえが演じていたのがちょっと嬉しかったり(笑)

 

・・・ムネモシュネで消滅した沙耶羅が蘇って燐に復讐をしに来た!?とか妙な妄想をしてしまいました(汗)

 

まぁそんな感じで相変わらず安息の日々がないほどに慌しい4人の姿先が気になる展開で早くも次回が楽しみになりました♪

 

上映が終わるとまたまたゲストの皆様が登場して最後は座席抽選時に配られた抽選番号を使った大抽選大会へと☆

 

賞品は西田監督描きおろしのキャライラスト出演者の皆様のサインが入った特製色紙☆

(これには時雨沢さんも「ガチで欲しい」とおっしゃられていました・・・)

さらに同じく皆様のサインが入った下敷き・ポスターなど合計13名様にプレゼントされたんですが・・・

 

もちろんカスりもせずOTL

 

・・・まぁこのイベントに参加できただけでも(略

 

という事でラストは皆さんから一言ずつコメントをいただいて終了となりました♪

 

奈々さん「今日は時雨沢先生西田監督そして大好きな麻美子と!イベントができてとっても嬉しかったです♪」

 

これを聞いて嬉しそうに微笑み返すまみまみがまたよかったです♪

この時は会場の温度がちょっとだけ上昇したような気分になりました(爆)

 

そんなわけで最後の最後までまみまみ&奈々さんのラブラブっぷりを目の当たりにさせられることになりましたとさ(笑)

 

う~む、このカップリングも悪くない・・・←死ね

 

 

・・・と、そんな感じで思わぬカップリング発覚(?)にお客さんも皆さん満足して帰っていきました(笑)

 

個人的にもこのお二人のラブラブっぷりは話には聞いてましたが生で見たのは初めてだったのである意味収穫でしたね(爆)

 

という事で本来は参加する資格のなかったイベントだったんですが、参加できて本当によかったな~と思います☆

 

ご協力いただいた某氏には心より感謝を申し上げます(爆)

 

そんなわけで次回のイベントレポ先月末に行われたキャラホビ2008の予定です☆

・・・例によって予定は未定でいつになるかわかりませんが(汗)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コミックダッシュ! vendemiaire の所有コミック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。