スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水野真紀さん主演のドラマが一番面白かったかも♪

・・・という事でついに8月に突入☆

これからますます暑くなって夏本番!といった感じですね♪

 

で、今日は何故か以前お世話になった某大型古本屋さんへふらふらと行ってきました(笑)

 

んでこれが収穫物☆

all0801.jpg

(コミック)NANASE 第1巻                        ・・・¥350

(コミック)NANASE 第2巻                        ・・・¥350

(コミック)NANASE 第3巻                        ・・・¥350

(コミック)NANASE 第4巻                        ・・・¥350 

(コミック)アポロの歌 第1巻                       ・・・¥350

(コミック)アポロの歌 第1巻                       ・・・¥350

(コミック)ふしぎなメルモ                         ・・・¥350

 

総額                                     ・・・¥2450(ち~ん♪)

 

そんなわけで先日購入したマイナスのインパクトに想像以上の衝撃を受けて山崎さやかさんのほかの作品も読んでみたい!と思って色々と調べたらなんとあの筒井康隆さんの名作サイキックノベルで何度も映像化された人気作・七瀬ふたたびのコミック版を描いているという事を知ってコレはぜひ読まなくては!!と思い立ったんですが・・・どうやらすでに絶版しているらしく、どこの本屋さんにも通販サイトにも在庫がなかったんですね・・・

んで、それなら最後の手段ということで古本屋さんに行ってついに見つけたわけです☆

 

個人的にこの作品は筒井康隆さんの作品の中でも特にお気に入りぶっちゃけ時かけやパプリカより好きですね♪

 

エスパー魔美のネガティブ版といった感じであの救いのない展開が特に好きです(笑)

 

で、どうやらこのNANASEかなり原作に忠実に描かれているらしいので超能力を持ってしまった七瀬の葛藤仲間たちとの友情、そして衝撃のラストなどがコミックで再現されると思うとかなりワクワクです☆

 

ということであとでじっくりと読みたいと思います!!!

 

・・・んで、古本屋さんに来たついでに最近ずっぽりとハマっている手塚作品も調べてみたら最近秋田文庫で発売されたアポロの歌ふしぎなメルモがあったので思わず購入♪

 

アポロの歌は過去に集英社文庫でも発売されていたんですが・・・こちらはなんだかんだで購入する機会を逃していたのでちょうどいいタイミングでした(笑)

 

これもアラバスターMWのような(ここまで過激じゃないけど・・・)かな~りダークな作品なので読むのが楽しみです☆

 

でもこの作品の根底にはがテーマとなっているのでただの暗いお話ではなく、ある意味でとてもピュアなラブストーリーという側面も持っているちょっと特殊なタイプの作品ですね♪

 

・・・そしてそのアポロの歌やけっぱちのマリアと並んで手塚作品の性教育部門作品の代表、ふしぎなメルモも発売されていました!!!

 

てかまさかこれが今さら文庫化されるとは思わなかった(汗)

この作品に関してはおそらく原作よりもアニメの方が有名(というか僕もアニメしか見ていない・・・)かと思うんですが、まあぶっちゃけ今でいうこ○か今日の○の2のような幼女萌え作品ですね(爆)

 

しかしこの手の作品をすでに30年以上も前に完成させていたんだからそっちの分野でもやはり手塚先生は偉大です(笑)

 

そんなわけでまだまだ先日購入してきたコミックたちの処理も終わっていないんですが・・・明日明後日でじっくりと片付けていきたいと思います!!!

 

・・・あ、Wiiもやりたい(汗)

スポンサーサイト
コメント

200年後ぐらいにはきっと手塚治虫の名前はレオナルド・ダ・ヴインチを凌いでる

いやもうすでに僕の中ではダヴィンチよりもシャガールよりも手塚先生は偉大です(爆)
・・・あ、もちろん山本直樹さんも同様ですよ♪
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コミックダッシュ! vendemiaire の所有コミック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。