スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これはもう病気なのかもしれません・・・(汗)

・・・恐るべし!ブック○フ!!!(2回目)

 

ちゅうわけで今日はコレらが家に届きました♪

all1019.jpg

(コミックセット)フラグメンツ Ⅰ~Ⅲ                 ・・・¥1500

(コミックセット)僕らはみんな生きている 上・下巻         ・・・¥1400 

(コミック)ビリーバーズ 第1巻                    ・・・¥300

(コミック)ビリーバーズ 第2巻                    ・・・¥300

(コミック)お姫さまといろいろ                      ・・・¥300

(コミック)ごめんねBボーイ                       ・・・¥251

(コミック)そしてイイ気分                        ・・・¥201

 

総額                                   ・・・¥4252(ち~ん♪)

 

・・・ええそんなわけでまたまた山本直樹さん作品群です(爆)

というのも先日お世話になった某大型古本チェーン店のHPを眺めていたらなんとネット通販もやってるそうじゃないですか!!

 

・・・ということでさっそく山本直樹さんの作品を検索して特に入手が困難といわれる作品たちをピックアップして注文してしまいました(汗)

 

まずは1995~2000年頃にかけてスピリッツに掲載された短編をまとめたフラグメンツ☆

短編集の中でも特にファン人気の高いシリーズ透明ビニールのカバーに包まれたなんとも高級感の漂うパッケージから作品に対するこだわりが感じられます♪

 

ちなみにこのシリーズ、3巻が出てから5年後の2003年に4巻が発売されているのですが・・・なぜかその4巻のみが極端に出版数が少なく、かなりレアな存在となってしまっているのです・・・当然ここでも品切れとなっていました

 

まぁそんなわけでとりあえず安くセット売りされていた1~3巻のみを購入☆

・・・4巻に関しては別ルートで入手予定です(汗)

 

それからこちらはおそらく山本さんの作品でも最も一般の知名度が高いであろう作品、僕らはみんな生きているです!

 

連載当時に真田広之さんや岸辺一徳さん、山崎努さんなどといった豪華なキャストにより映画化されてヒットした事が原因かと思われますが・・・原作のコミックを山本直樹さんが書いていたという事はあまり知られていないかも知れませんね(汗)

 

ごく普通の日本のサラリーマン達架空の発展途上国に放り出され、そこで決死のサバイバル生活を送りながら仕事に精を出すという仕事一筋な日本人をちょっと自虐的な作風で描いた名作です♪

 

僕は映画版しか見たことはなかったんですが果たして原作とどのように違うのか遥か昔の記憶を探りながら楽しみたいと思います☆

 

さらに今回購入したものの中で個人的には最も問題作かと思われるビリーバーズ!!

この作品は先日購入した別作品「ありがとう」にも登場した架空の宗教団体「ニコニコ人生センター」の信者である3人の男女が無人島を舞台に「孤島のプログラム」と呼ばれる宗教活動を名目とした共同生活を続ける中で徐々に壊れていく人間たちの姿を生々しく描いた作品です♪

 

どうやらこの作品は90年代に問題となったあのカルト教団をヒントに描かれているようでそのリアルな信者たちの描写が宗教と言うものの恐ろしさを伝えてくれます・・・

 

・・・まぁある種僕も山本直樹教信者といえるかも知れませんな(汗)

さらについでに森山塔&塔山森名義のものも含めた成コミ関係もいくつかあったので確保しておきました♪

 

・・・そんなわけですでに腰の辺りまで山本ワールドに浸かってきてるような気がしますがまだまだこれからです(爆)

 

とりあえずこれで最近のモノは大方集まったので次はさらに入手困難な初期の連載作品たちを探してみますかな~♪

 

果たしてこれから僕はどうなってしまうのでしょう・・・?

 

・・・いやマジで本当に面白いんだってばさ!!山本直樹作品は!!(爆)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コミックダッシュ! vendemiaire の所有コミック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。