スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪女といえば中島み○き・・・古すぎるか(汗)

「地獄少女 二籠」より


ここは京都でしょうか?
なにやら風情のある街のようですが・・・

ということで今回はこの街が舞台のお話です♪

 

と、そこですごい勢いで何かまくし立てている男が一人・・・

どうやら男女のいざこざのようですが・・・?

 

この男の名前は手島おさむ(CV:藤原啓治さん)
どうやら金融会社を経営しているらしく、儲けるためにはどんな悪いこともやる悪徳社長みたいです


ここでも会社の情報を入手するために女性をたぶらかしていたみたいですが・・・


その姿を地獄軍団の皆様がじっと見つめていますよ♪

 


そして彼女が手島にたぶらかされた辺見蘭(CV:金月真美さん)

 



・・・と、その手にはすでに藁人形がにぎられています
ということで今回のお話は彼女が依頼人でターゲットは手島という事のようですね!

 


と、ここで藁人形にされている骨女さんが一方的に言い負かされている蘭に何か言い返してやれと言うのでした☆
骨女さんは今回の依頼人には何か特別な思い入れがあるみたいですね♪

 


どうやら蘭の会社の社長は手島のせいで破産し、夜逃げしてしまったようです・・・
せめてその借金の肩代わりをしてくれと手島に言い寄る蘭!

 


しかし手島にとって蘭はすでに用済みの女、冷たく切り捨てられてしまうのでした・・・(泣)

 


「お人形さん、やっぱりお人形さんに頼むしかないみたい・・・」

 


そう言いながら藁人形の糸に指を伸ばす蘭・・・
・・・まさかこんなに早く!?(汗)


と、その時蘭に声をかける女性が登場☆
思わず振り向く蘭・・・


「復讐するんやったら手伝ったろか?」と言って微笑む女性・・・
彼女の名前は上月マツ(CV:吉田美保さん)

 

予想外の展開に地獄軍団のみなさんも面食らってます(笑)


どうやらこのマツも手島に過去株でひどい目にあわされたことがあるようですが・・・


「同じ恨み持つ女同士、手握ろ!」と、かなり強引に話を進め始めます(笑)

困惑しながらもそれを承諾する蘭・・・

 

ということで地獄流しは一旦保留ということに!!

果たしてこの依頼、どうなってしまうのでしょうか?


 


さてそんなわけでマツの家へとやってきた蘭♪
ここで手島を色仕掛けでだまし、慰謝料をふんだくるという事を蘭に話すマツなんですが・・・

 


この時の蘭のリアクションが微妙に萌えました(爆)

 

そしてさっそくマツに化粧をしてもらうことになりますよ♪


「そもそも化粧は女が男をだますための武器」と言い張るマツ・・・(汗)
そう言われると否定できないかもしれませんなぁ(爆)

 


「まあね、あたしも昔は・・・」
と、それを聞いていた骨女さんはここで昔を回想し始めます☆


やはり骨女さんも人間の頃は芸者さんだったようですね♪
キレイですな~☆今も昔も(爆)

 

そして化粧が完了し、鏡を見る蘭☆


・・・そこには今までの地味な蘭の姿はなく、文字通り別人のように変身した美女がいたのでした(爆)

 


しばし放心状態の蘭♪

あまりの変わりっぷりに自分でも驚いているようですね(笑)

 


「もしかしたら私、生まれ変われるかも」
「強く、たくましい女に・・・」

 

そう言って手島への復讐をすることを決意する蘭☆

 


骨女さんもその気持ちには感心しているみたいですがどこか心配している様子ですね・・・

と、言うのもどうやらこのマツという女がいまひとつ信じられないみたいです

 


まあ確かに過去この作品に登場したこの手のキャラはロクなやつらがいませんでしたからね(汗)


そして翌日・・・


見事に生まれ変わった蘭は銀行へと向かいます♪
・・・行く途中や銀行内の男がみんな蘭に見とれていますよ(笑)

 


「いやぁ~キレイになったぁ~」と輪入道もその姿に感心していますよ☆
一方の一目連は素顔のほうがいいと言っていますが・・・
どうやら一目連はメガネフェチのようですな(絶対違う)

 


ここで女性雑誌を読んでるあいたんにまたまた萌え~♪
輪入道の「お嬢は化粧しないのかい?」という質問に「必要ない」ときっぱり言い放ちますよ☆


ま、化粧なんかしなくてもあいたんは十分キレイですからね~(爆)


さて、ここはとあるおしゃれなバー☆


どうやら手島が例によって悪徳な商談をもちかけているようですが・・・
と、ここに蘭が登場します♪


化粧をした蘭の正体にまったく気づかずに口説き始める手島(爆)
・・・やはり男ってこんなものなんですね(汗)

 

そしてここから蘭の復讐劇が始まるのです☆

 

 

その後、数々のバーや料亭を渡り歩く蘭と手島♪

 

と、いい感じに酔ってきた手島に蘭がとある作戦を実行します☆



それはこっそりと手島の携帯電話を拝借することでした♪

 


そしてトイレでそれをマツに渡します・・・
「あとはウチにまかしとき」と言ってトイレを後にするマツ

 

緊張の糸が解けたのか、大きなため息をつく蘭・・・

 

と、そこへどこからかきくりが現れます☆

 

・・・そして


「おばちゃん、ケバいわ!」と突然失礼なことを言うきくり(爆)

 


「ホンマケバいわ~けっけっけ☆」

と、バカにしたようにきくりが走り去るとまた鏡に向き直る蘭・・・そして 


「ホント、あなたケバいですよ」と鏡に向かって言うのでした・・・


さて一方のマツは手島の携帯を使ってなにやらやっています


どうやらネットの振込みサービスを使用して銀行の口座にお金を振り込んでいるようですが・・・


マツの表情がもう完全に悪人のそれになっていますが・・・大丈夫なのかなぁ~?(汗)

 

そして完全に泥酔している手島を車に乗せてようやく作戦は終了したようです♪

 
もちろんここですり取っておいた携帯はきちんと返します(爆)
 



「成功やな」

 

そう言いながら微笑むマツ・・・
かくして蘭の復讐劇は終わったのでした☆


翌日・・・

 

振込み用に作った口座を解約しに行く銀行で蘭は手島がワイドショー番組で何やらもめているシーンを目撃します☆

 

どうやらマツが先日振り込んでいたお金は会社の営業資金だったようでそれを横領したとしてニュースで取り上げられているようです・・・

 


それを見て満足そうな蘭♪このどこか蔑んだような表情まさに悪女という言葉がふさわしい(爆)


しかし骨女さんは何かがひっかかっているような様子です・・・


 

そしてうまいこと大金を入手した二人はそれを山分けすることに♪
社長の借金の分だけでいいと言う蘭でしたがマツはきっちりと半分にすると言います・・・

 


と、その様子にまたもや何かを感じている骨女さん☆
何か嫌な予感がする・・・そんな雰囲気ですね

 



さて、大金を手にしたマツはそのお金で自分の店を開くことになりました
この日は開店記念パーティーのようですが・・・


この場所になぜかいるこの二人♪
どうやら骨女さん同様にマツが気になる様子ですね・・・

 


一方蘭はパーティーには入れてもらえず、裏口でマツと一言二言挨拶をして帰っていきます
あまり二人の関係をおおっぴらにしたくないというマツですが・・・果たして?

 

と、そんなこんながあって・・・
結局お金をもらっても使い道が思いつかない蘭は寄付することに決めます♪


「お人形さんがはげましてくれたから私生まれ変われた」
「これからもよろしくね!」

 

と、藁人形に話しかけます♪
やっぱり言葉は伝わってなくても骨女さんの思いは蘭に伝わっていたんですね☆

 


それを聞いてうれしそうな骨女さんがまたいいですね!

 

しかし・・・


ここで突然連れ戻される骨女さん!!

どうやら蘭の手島に対する恨みが消えたから仕事が終わって回収されたようですが・・・

 


「あんたの幸せを遠くから祈ってるよ」と最後まで蘭を思いやる骨女さん♪

 

しかし・・・実はそうではなかったのです


実際は恨みの相手がいなくなった事が原因だったのです・・・
予想外な事を言われて驚く骨女さん


・・・そしてここからお話は最悪の展開を迎えてしまうのです(汗)

 


突然息を切らせて蘭の部屋へやってくるマツ!
そしておもむろにTVをつけるのですが・・・


なんとそこには手島が自殺したというニュースが流れていたのです!

 


たかがお金のことで・・・とうろたえる蘭にマツは

「これで本当の同士になれた」と言いながら不気味に笑うのでした・・・(汗)

 

ここで初めて蘭は自分がマツに利用されていたことを知るのです

 

しかも手島とマツはもともと手を組んで悪事を働いていた仲間同士だったらしいです・・・
どうやらここまでがマツの考えていた作戦だったみたいですね(汗)
 

こうなってしまったのは自分の責任と感じた蘭は自首することをマツに話します


しかしもちろんそんな事をマツが許すはずはなく、これからも二人で男をだまして大もうけしようと話を持ちかけますが蘭はそれを拒否します!!

・・・やはり優しすぎる蘭には悪女になるなんて無理だったようですね


もはや蘭はもう使えない、そう思ったマツは・・・


なんと帯に挿していた小刀を抜きはじめます!!

 



そして蘭に詰め寄るマツ・・・さあ大ピンチです!!!

 

と、ここで画面は一変、地獄軍団の皆様のいる場所へと・・・


そして骨女さんはマツがやったと思われる女性が殺されたという新聞の切り抜きを見せられますが・・・その被害者はどうやら過去にマツと組んでいた女だったみたいです(汗)

 

それを知った骨女さんは突然取り乱してその場を駆け出します!!


いつの間にか動きやすい格好に着替えて蘭の部屋へダッシュする骨女さん!

走れ!!ガンバレ!骨女さん!!

 

 
そしてなんとか蘭の部屋へとたどり着くのですが・・・
 


そこには血を流して倒れている蘭の姿が・・・
どうやらすでに遅かったようです(泣)

 


慌てて蘭を抱き起こす骨女さん!どうやらまだなんとか息はあるようです・・・

初めてこの二人が対面した瞬間だったんですが・・・こんなの辛すぎです(泣)

 


そして蘭は消え入りそうな声で

「私・・・利用されてた」とつぶやくのでした・・・

 


それを聞いた骨女さんはまたもや記憶をフラッシュバックさせます・・・


川に流される女性・・・そして橋の上でそれを見ている二人の人影

 

どうやら骨女さんも過去に似たような経験があったみたいですね・・・

 

そして今、自分と同じように騙されて不幸になった女性を目の当りにする事になろうとは皮肉なものです(泣)

 


「人はどうして人を騙そうとするのかな?」
と問いかける蘭に「あいつらは人なんかじゃない、鬼だ!」と激昂する骨女さん・・・

 


すると蘭はある一点を指差し

「鬼だったら、地獄に返さないと・・・」と言うのでした

 

やはりその指の先にはPCが・・・

 

そして最後の力を振り絞り、地獄通信にマツの名前を入れるのでした・・・


するとさっそくあいが登場し、その場で骨女さんは再び藁人形に変身します


今回は2回目&緊急事態という事でいつもの説明はカット(爆)

さっさと藁人形を渡しますよ・・・


「お人形さん、やっぱりあなたにお願いするしかないみたい」
「お願い・・・」

 


そう言って藁人形の糸を解く蘭だったのでした・・・

心なしか骨女さんの「恨み、聞き届けたり」もいつもより力が入っていた気がしました

 


さてこちらは蘭の部屋から金を持ち出して逃走しているマツ!

・・・すると橋の上になにやら人影が

 

なんとそれは牛若丸のコスプレをしたあい☆
というわけで久々のイリュージョンですよ!!

 


すると突然マツの降りてきた坂道が階段に変化!!(爆)
・・・ド○フみたいな仕掛けですな(汗)

 



そして階段の上には新撰組のコスプレをした輪入道&一目連が!!
 


「鬼退治と行こうか」と言って刀を抜いてマツを追いかける二人!!
思わず逃げ出すマツですが・・・

 



足をすべらせて階段から真っ逆さまに転げ落ちます!

・・・これが有名な池田屋の階段落ちですな(爆)

 


と、お金はここできっちりきくりが回収(笑)

 


そして長い階段を転げ落ちた先でマツが見たものは・・・?

 


「ここは地獄のイリュ~ジョン~♪」と三味線を鳴らして歌っている骨女さん☆

 

するとマツの周りには今まで騙してきた人たちの姿が!!


この状況でも強気な態度で襲い来る人々を振り払い逃げ出すマツ!

 

そしてなにやらブラックホールのような穴の前で立ち止まります・・・

 

「ここは地獄への入り口~鬼のあんたにゃお似合いだ~♪」

と、歌いながらマツの背後から現れる骨女さん☆

そして


「・・・お似合いだ」

 

そう言って鋭い目になりますよ♪
・・・今回ばっかりはいつも以上に憎しみのこもったイリュージョンでした!

 

で、いよいよあいが登場☆


屋根の上からいつものセリフ!!

 

そして・・・


「いっぺん、死んでみる?」

 

久々にきましたね~!!やっぱりこれがないと物足りません☆

 

つうわけで地獄へ流されるマツ・・・


「お嬢ちゃん、このべべあげるから家に帰して~」と最後まで懲りる様子はありません・・・あいもきっと呆れてますね(笑)
 
そしてエピローグ・・・


「蘭ちゃん、恨み晴らしたよ」

 


そう言ってもう動かなくなった蘭の目を閉じさせる骨女さん・・・

 


そして何かを言いかけた輪入道を制するとゆっくりとその場を後にするのでした・・・

 


最後に振り返ったその姿になんとも言えないやるせなさを感じました(泣)

 


そのあとの蘭の名前の書かれたろうそくの炎が消えてしまうシーンがさらなる切なさを演出しますね・・・
 
・・・と、いった感じでやはり今回も切ないラストとなってしまいました(泣)
前半の手島をだまくらかすあたり久々に爽快な気分になれたのにどうやらこの作品のスタッフさんはこういった展開を入れないと気がすまないようです(爆)
 
まぁそんなことより今回は骨女さんの過去がちょっとだけわかりましたね☆
やはり信頼していた人に騙されて殺され、その無念の思いから妖怪となった・・・といった感じでしょうか?
 
とりあえず今回の依頼人である蘭に対する思い入れの強さはきっと人間だった頃の自分を重ね合わせていたからなんでしょうね・・・そう思うと切なさも倍増です(泣)
 
もし骨女さんと蘭がこういう形ではなくてごく普通に知り合うことができていたらきっと最高の友達になれたんでしょうね~・・・本当に切ないです
 
というわけで10話の哲郎に続いてまたまた骨女さんが関わった人間が地獄へ行ってしまいました・・・おそらく2期が始まって一番辛い思いをしてるのは骨女さんかも知れませんね(汗)
 
そんなわけで次回は一目連のお話です♪
彼にもきっと辛い過去があったんでしょうね~・・・?楽しみにしたいと思います!!!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コミックダッシュ! vendemiaire の所有コミック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。